スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
【SE砦に】ヴァルフレイヤ地方の砦性能【ついての考察?】
カテゴリ: RO2
Sesの名将列伝は面白いなぁ、こんにちは
Sesに知り合いが居るため、Gvについてチョコチョコと知っていますが
スポーツ鯖と呼ばれるが故、こういうのもあるんですかねー
Eirだと叩く材料にされて終わりそうだな、勿体無い
EirWatchさんにでも期待してみようかな(^ω^)



さぁ今日はすっかり書いてなかったF砦の考察です


悪い←☆☆☆☆☆→良い
第1守護云々はここの旗移動先から決めてるのでわからなかったら見てくだしあ
※主観な上に、EirにおけるGvでの考察です
※他鯖の場合は防衛方法や規模などの違いにより一概には言えません


では上位争いの激しいF砦

・F1
arug_cas01.png
入り口防衛:★★★★★
SE砦の中ではピカイチの防衛性能を誇る入り口、欠点らしい欠点が見つからない
左右に散開も出来ないし、通路も狭い。入り口完封をしたいならここで守るべき
守護石防衛:★★★☆☆
守りやすい訳ではないが、一本道のみで通路が長くてひらけている場所が守護前のみで
時間を稼ぐと言う一点に置いては優れているだろう、逆に守護で完封と言うのは難しい場所
どちらかと言うと平地に強く、マスターの復帰EmCから粘るのが得意なG向き
第1バリケ:★★★☆☆
自陣が広く、敵陣が狭い上に、バリケ右の旗付近からスクリームが出来るなかなかに優秀な構造
なのだが、入り口に近すぎる点や前衛復帰が裏からのみと言う点で堅い訳ではない
ここで守りきるのではなく、時間を稼いでいるうちに守護を復活させる為にあるバリケード、ガーターゾーン
第2バリケ:★★★★☆
色々な防衛が出来る場所。後衛よりなGであれば堅くなるが、前衛よりなGでは復帰Pのせいで脆い
後衛復帰Pが近い上に、復帰Pから敵陣に向かって安全にスクリームが通せる、さらにガーターゾーン
バリケ以外でも道中で、魔法が撃ち下ろせる場所があったりと面白いポイント
第3バリケ:★★★☆☆
なんとも珍しくバリケ裏に直接攻撃を撃ちこめる数少ない場所。そのおかげかバリケ自体は脆い
しかし前衛復帰が優秀な上に、第3バリケまでの道のりが恐ろしく長いおかげか総合的に見ると脆くはない
総合評価:★★★★★
弱点らしい弱点がなく、長期防衛するにはかかせない入り口防衛がSE砦中ほぼ最強
前衛と後衛の連携と言うよりも、防御の後衛、撹乱の前衛とバリケード戦では動きがはっきり分かれるような復帰ポイントの配置のされ方になっている
多くの鯖で、TOP同盟が居城にしているのも頷ける優秀な砦


・F2
arug_cas02.png
入り口防衛:★☆☆☆☆
絶望的なほどにザルな構造をしている入り口
戦力に2倍以上の差がなければ入り口防衛では守りきれないだろう
守護石防衛:★★☆☆☆
守護石が見える位置まで攻め入られたら終わりとも言える脆さ、全方向からの崖撃ちが可能
守護の周りが広すぎる上に全方向から攻撃可能と、乱戦になったらどうしようもなくなる
唯一の救いが、入り口からの道が合流した後の守護石までに至る道は、1本のみと言う事
第1バリケ:★★☆☆☆
敵陣の方が圧倒的に広く、遠距離攻撃の斜線がかなりの角度でバリケードに抉り込んでしまう
さらにバリケ前は一つの部屋になっており、出入り口が1箇所しかないにも関わらず前衛復帰Pが出入り口の外にある為、旗復帰から攻め込もうと思うと復帰Pが妨害で固められている場合がある
N砦やF1とは違って第1バリケまで結構な距離があるのがまだ救い、だがガーターゾーンではない
第2バリケ:★★★☆☆
バリケ単体では微妙だが、バリケ前で相手の通路を封鎖した平地防衛が可能な珍しい場所
LPを自陣の基準とした平地での通路封鎖が得意な同盟ならば守る価値はある
バリケード自体は後衛復帰が地味に遠い上に敵陣が広すぎて一方的なスクリームを受けるので微妙
第3バリケ:★★☆☆☆
防衛側に対する攻撃を遮る物が全くないと言う珍しいバリケ
防衛側はどこにいても安全とは言いがたい、後衛復帰が地味に遠くてめんどくさい点も厳しい
利点は第3までの距離が長い事と、ガーターゾーンである点程度
総合評価:★☆☆☆☆
びっくりするぐらいの欠陥砦
格上相手でもバリケード目掛けて攻め続ければ落とせるだろうが、落とした所で守れない
勝つとしたら平地戦、負けるとしたら平地戦


・F3
arug_cas03.png
入り口防衛:★★★★☆
N3より広いが、N3よりも長い入り口
ロキ2枚が必要なほどに広いが、縦に長い為散開出来ず、その分抜けにくい
広い分カバーしなければいけない所が多いが、カバーできる人数が居れば弱点は少なく優秀
縦に長いが故、裏を罠で埋めてしまえばガディが散らばりにくく、広がりがちな火力をカバーしてくれる
守護石防衛:★★☆☆☆
特に守りやすくもないが、特に攻めやすい点も大してない守護石
入り口をカバーできるほどの人数なら通路を埋めて防衛が出来る上に、守護石周りは非常に狭い
しかし狭いが、崖撃ち可能なので優秀ではない
第1バリケ:★★★★☆
この砦のバリケの中では最も優秀
バリケ横からバリケへの斜線が通っておらず、攻撃するには正面から行くしか方法がない
前衛の復帰Pも近く、前衛で撹乱し後衛でしっかり守ると言うバリケード戦術が最も使いやすい場所
しかし斜線が通っていないので、バリケ横に貼り付ければスクリームされ放題
またガーターゾーンでないのでBBがよく通る、相手の前衛に仕事をさせないような布陣を取れないと逆に厳しい場所とも言える
第2バリケ:★☆☆☆☆
色々な欠陥具合が重なって最悪の欠陥バリケとなっている場所
自陣を敷ける場所が非常に狭く、敵陣は通路越しですらバリケが狙えるほど広い
その上、バリケード越えEmCを狙わずとも、普通に崖越えEmCを狙えると言う致命的欠陥を抱えている
第3バリケ:★★☆☆☆
比較的普通なバリケード、だが敵陣が途方も無く広い
広い以外にはバリケ間の距離が短く、相手のEmCが早くて止めにくくなっている
デメリットはガーターゾーンから外れているぐらいとも取れるが、それ以上に相手のメリットが大きい
総合評価:★★★☆☆
良くも悪くも前衛の性能が物を言う砦
硬くて死なず、強いBBが撃てるLKの数を揃えた方が勝つとも言える、技巧派よりも本格派
それと言うのも前衛復帰の良さと後衛復帰の悪さ、バリケード3つ全てがガーターゾーンから外れている事が理由として上げられる
入り口防衛は如何に相手前衛を止めれるか、バリケード防衛は如何に相手前衛に仕事をさせず自陣前衛が敵陣を切り崩すかとと言う機会が最も多く最も重要な砦だろう


・F4、F5はF3と同じ構造なので省略


長くなったのでF3辺りからダレてそう
戦闘機会がN>>Fなので構造把握なのが甘いのはご容赦を

実は連休前には大体仕上がってたんだが、仕上げきるのが連休に入ってしまいめんどくさかったのと
まぁ連休後に出せばいいか、という気持ちがあったので遅くなったのでしたまる


次は・・・何書くんだっけ
Edit / 2009.09.24 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

眞姫那

Author:眞姫那
96アサクロを筆頭に元Eir鯖で生きてた人間台風

リンクフリーです

夢ひろがりんぐ
一日一押

FC2ブログランキング

ブログ内検索
FC2カウンター
本ブログの著作権
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。